部分最適は悪くない!?SaaS活用を最大化するITインフラの考え方とは

2024年9月18日(水)11:00〜12:00

オンライン開催(Zoom)

セミナー概要

DX推進が求められる昨今、ペーパーレス化やSaaS活用が年々浸透する一方で、「業務プロセス」のデジタル化や最適化に課題を感じる企業が増え始めています。

例えば、部門内ではDXが進んでいても、他部門とのDXに視点を移してみると、組織横断的なデジタル化までは取り組めていない例が非常に多く、実際にそう感じている方も多いかと思います。

とはいえ、全社横断的な業務プロセスを考え始めると、導入システムの検討ハードルは上がり、関係者の合意形成も相まり、DX化は一向に進まなくなるというジレンマも抱えてしまいます。

そう考えると、今必要なDXは随時着手し、その個別最適化されたシステムの運用は活かしつつ、部門も横断した業務プロセスの最適化にも適宜対応できることが、
現場担当者の理想であり、本音ではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、SaaSを活用した新しいITインフラ構築手法である「コンポーザブルアーキテクチャ」と「一気通貫のデータ連携・業務最適化」に焦点を当て、それぞれの重要性と具体的な実現方法を紹介します。

様々なSaaSのID統合管理に加え、そのSaaSが保有するデータのシステム間連携まで、部分最適で終わらない網羅的に全体最適を目指す皆様向けにDXをもう一歩前に進めるヒントとなるセミナーです。

こんな方におすすめ

  • 業務プロセス全体のデジタル化や最適化に課題を感じている
  • データを活用し、組織全体での効率化やデータドリブンな意思決定をおこないたい
  • 利用SaaSの全体最適化を図りたい
  • システム間連携がうまくいかない
  • 人手によるシステム間のデータ連携や入力作業に限界を感じている

開催概要

日時:2024年9月18日(水)11:00〜12:00
場所:オンライン開催(Zoom)
費用:無料(要事前登録)

スピーカー紹介

圓 一樹 /HENNGE株式会社 Business Development Section Manager

データ連携ミドルウェアを扱うソフトウェアメーカーから2018年7月にHENNGE株式会社に参画。HENNGE Oneのハイタッチセールス、パートナーセールスに従事した後、名古屋オフィスの営業マネージャーに就任。2022年10月からは営業企画/ビジネス開発/アライアンスチームを担当している。


関根 章雄 / 株式会社スリーシェイク Incubation事業部 パートナーセールス マネージャー

大手通信キャリアや独立系ソフトウェアベンダーでのBtoBセールス・セールス企画に加え営業責任者を歴任。NW、監視、バックオフィス、自動化ツールなど大手からスタートアップ企業まで規模を問わず営業実績を積む。新規サービスの企画・立上げも経験。スリーシェイクにJoin後は、クラウド型ETLツールReckonerのパートナーセールス責任者として、販売パートナー、アライアンスパートナーなどあらゆるパートナーの構築と販売促進支援を行っている。

手塚 卓也/株式会社スリーシェイク Incubation事業部 部長

治体やデータベースマーケティング会社でのインフラ設計/構築/運用を主に経験し、2018年10月にスリーシェイクJOIN。その後 Google Cloud / AWS / kubernetes / ServiceMesh など様々な技術的アプローチを駆使し、大手からベンチャー等規模を問わず様々な組織に対して SRE 立ち上げのコンサルティングや技術支援を行う。現在はIncubation事業部 部長として、100社以上が導入する脆弱性診断ツール「Securify Scan」の事業立ち上げからプロダクト全般の統括を行う。

注意事項

・本セミナーは法人のお客様限定となります。また、フリーランスの方や同業者様のお申込みはお断りさせていただく場合がございます。
・視聴URLは別途メールにてお送りいたします。

イベント一覧へ戻る